内臓脂肪が身体に悪い理由とは?

内臓脂肪の原因について

 

内臓脂肪はどうして体に良くないのでしょうか?

 

身体に悪い理由や、全くないと良いのかを調べてみました。

 

 

内臓脂肪の身体での働き

 

内臓脂肪の原因について

 

内臓脂肪は、その名前のとおり内蔵の周りに脂肪がこびりつく事です。

 

内臓脂肪が身体に悪いと言われていますが、全部無なくなってしまえば
とても健康に過ごせるのでしょうか?

 

いえ、そうではないんです。

 

悪い印象がある内臓脂肪は、外からの衝撃から内臓を守ったり、
食事が長期間食べれない時に身体を飢餓から守るために脂肪を使ったりします。

 

緊急で困る時に必要な身体に無くてはならない重要な役割を果たしています。

 

全くないと困るんですが、どちらかというと今の日本人は増え過ぎなので
全体的に皆さん少しずつ減らした方が良いということです。

 

身体の中できちんとした働きをしている内臓脂肪なんですが、悪い理由は増えすぎて
バランスを崩してしまうほど増え過ぎると良くないです。

 

 

内臓脂肪が身体に悪い理由

 

内臓脂肪の原因について

 

少しはないと困る内臓脂肪なんですが、増えると困る悪い理由とは……様々な病気を
引き起こす原因になるからです。

 

例えば心臓の周りに脂肪が付きすぎると、血液が送りにくくなるので心臓はさらに強い
圧力をかけて高圧力で血液を送り始めます。

 

圧力が強くなるのは「高血圧」の始まりです。
では、どうして高血圧がいけないのでしょうか?

 

圧力が高すぎると血管が耐えきれなくて、ボロボロに脆くなり血管の細胞の修復が
追い付かないので動脈硬化という、血管が切れやすい状態になります。

 

例えば頭の中で血管が切れてしまったら、脳こうそくや脳溢血の原因になるので
元を正せば内臓脂肪が原因なので悪い理由
になります。

 

血管が切れる場所は予測できないし、いつ切れるか分からないという恐怖があります。

 

これだけではなく、体の中の脂肪分が増えると糖尿病になりやすい状態になるので
家族の中で同じ食事をとっていたとしても、内臓脂肪が多い人なら
同じ食事で病気になってしまうという可能性もあります。

 

糖尿病は一度かかると治らないと言われているので、かかる前に予防するしかありません。

 

内臓に脂肪がたまるだけのシンプルな状態に見えますが、行き過ぎた脂肪は
じわじわとゆっくり体をむしばんでいくので要注意です。

 

他の脂肪とくらべて内臓脂肪は落とすのが比較的簡単なんですが、溜まりやすいという
同じような特性があるので安心できません。

 

内臓脂肪を調べるには病院でスキャンしないと調べられないので、自宅では
チェックするには体脂肪計などを毎日使って目安にするといいでしょう。

 

 

内臓脂肪を減らす薬・サプリ ランキング