内臓脂肪の原因はお酒の飲み方もある

内臓脂肪の原因について

 

内臓脂肪は多くの人に関係がある脂肪です。

 

何が原因で付いてしまうのでしょうか?
お酒との関係性があるのかを調べてみました。

 

 

そもそも内臓脂肪とは何か?

 

内臓脂肪の原因について

 

内臓脂肪とはその名前のとおり。内蔵の周りに脂肪がつくことです。

 

からみつくようにべったりと付くので、内蔵そのものの機能を低下させたり
周りの血管を圧迫したり、血のめぐりが悪くなってしまうので栄養が生きにくく
体にとってもやっかいな問題です。

 

そのまま放置していると高脂血症になったり、高血圧の原因になり様々な病気の
原因になってしまうと言われています。

 

 

内臓脂肪ができてしまう原因は?

 

内臓脂肪の原因について

 

内臓脂肪ができてしまう原因は、一言で説明すると生活習慣です。

 

生活習慣で食べ過ぎる、食べるのが好き、そんなに動かないのに食べている人は
間違いなく内臓脂肪ができやすいです。

 

食べるものも重要で、脂っこい食事や脂肪が豊富に入っている洋食、ファーストフード、
外食、炭水化物に偏った食事をしていると内臓脂肪がつきやすいです。

 

意外なことにあまり脂肪を取らなくて、ご飯、パスタ、パンなどの炭水化物が
大好きな人にも内臓脂肪がつきやすいので「油はとってないから大丈夫」にはなりません。

 

内臓脂肪はやせている人にも付いていることが多いので、最近では10代後半の若くて
モデルのような体形をしている人にも、びっしりと内臓脂肪がついている
ということもあるです。

 

この原因は運動をしないのに、カロリーが高い食事を取り過ぎている。
外食が多い、食物繊維や野菜が極端に不足しているということが考えられます。

 

 

内臓脂肪とアルコールの関係

 

内臓脂肪の原因について

 

内臓脂肪は多い人の中に「酒」が大好きという人も多いです。

 

どうしてお酒と内臓脂肪が結びついてしまうのでしょうか?

 

理由は簡単でアルコールは分解するのに時間がかかり、酒には割と高いカロリーが
含まれている
んですよ。

 

しかももっと悪いことに酒を飲む時にはほとんどの人が、つまみを食べるので
普通の食事よりも摂取カロリーが高くなってしまい、内臓脂肪の原因である
脂肪分を大量にとってしまう可能性があります。

 

酒も焼酎のような極端にカロリーが少ないものならいいのですが、例えば洋酒とか、
日本酒、カクテルなどの酒自体にカロリーが高い飲み物を飲み過ぎると
それだけで内臓脂肪の原因になります。

 

解決策としては、酒は飲み過ぎないようにつまみの食事を唐揚げや、ポテトのような
油物は避けて、枝豆とか、冷ややっことか、もずくなど工夫しながら食べれば
大丈夫になります。

 

 

内臓脂肪を減らす薬・サプリ ランキング