内臓脂肪を減らす漢方薬には副作用がある?注意点について

内臓脂肪を減らす効果のある漢方薬を服用する場合に起こる
可能性のある副作用や、服用に関する注意点についての紹介です。

 

医薬品であるため用法用量には決まりがあり、副作用が起こる
可能性もありますから、必ず説明書きを読んでから服用しましょう。

 

 

漢方薬の選び方とは?

内臓脂肪 減らす 副作用 画像

 

東洋医学における薬である漢方薬には効果・効能が認められて
いますが、服用する人の体質が深く関係しているため、
ふつうの医薬品とは違い体質を見極めて選ぶ必要があります。

 

実証タイプと虚弱タイプという二つに分類され、実証タイプは
体力が十分で体格が良く、顔色も良好な方を指します。

 

逆に虚弱タイプは下痢しやすく、青白い肌色、低血圧な方です。

 

内臓脂肪を減らす効果のある漢方は実証タイプの方に有効
漢方と言われています。

 

自分がどちらのタイプかわからない人もいると思いますし、
実証タイプだと思ったのに効果がなく体質に合わなかったという場合は
医師に相談をして処方し直して貰いましょう。

 

 

副作用の可能性について

内臓脂肪 減らす 副作用 画像

 

内臓脂肪を減らす漢方薬を飲んで現れる可能性のある副作用には
これらのものがあります。

 

消化器:胃部不快感、むかつき、胸やけ、吐き気、下痢
皮膚:発赤、発疹、かゆみ
その他:むくみ、発汗、頻脈、動悸、尿が出にくい

 

これらの症状があった場合は服用をやめ、症状がおさまらない
場合は医師に相談をしてください。

 

重篤な症状

 

稀に以下の重篤な症状を引き起こすことがあります。

 

肝機能障害:倦怠感、吐き気、だるさ、発熱、食欲不振、かゆみ、黄疸、発疹
間質性肺炎:空咳、息切れ、発熱、動悸
偽アルドステロン症:手足のしびれ、だるさ、こわばり、突っ張り感、
筋肉痛、脱力感、震え

 

 

服用時の注意点について

内臓脂肪 減らす 副作用 画像

 

内臓脂肪を減らす漢方薬には便秘解消効果もあるため、下剤などと
併用すると激しい下痢、腹痛を起こす可能性があります。

 

他の医薬品と併用する場合は医師や薬剤師、登録販売者に
相談をしてください。

 

服用前に医師に相談が必要な方

 

  • 医療機関で治療中
  • 虚弱タイプで体力が少ない
  • 医薬品を服用し副作用が起きた事がある
  • 妊娠中、またはその可能性がある
  • 胃腸が弱い
  • むくみ、排尿困難の症状が出た
  • 高齢
  • 心臓病、高血圧、甲状腺機能障害、腎臓病

 

妊娠、授乳中の使用について

内臓脂肪 減らす 副作用 画像

 

妊娠中に服用することで胎児に悪影響があると明確にはされていませんが、
デリケートな時期なので必ず医師に相談をしてください。

 

授乳中は漢方薬の成分が母乳に乗って乳児が摂取してしまい、
下痢の原因になる可能性があるため、授乳中の服用は避けましょう。

 

長期的に服用する場合

 

効果が1か月以上出ない場合は医師に相談してください。
(便秘解消効果なら1週間程度の服用)

 

すでに効果が出ている場合にも飲み続ける場合は、医師や薬剤師に
相談をするようにしてください。

 

長期的に飲み続けることで下痢、腹痛を起こす可能性もあるため
注意しながら飲むようにしましょう。
また、副作用のような症状が出た場合にはすぐに服用を中止してください。