内臓脂肪を減らす為に飲みたい漢方はどんな時に飲む?

内臓脂肪 減らす 漢方 画像便秘やダイエットがうまくいかないという悩みをお持ちの方は

内臓脂肪を落とす漢方がおすすめです。

 

CMでも時々見られる漢方ですが、実際にはどういったものか
わからない方も多いのではないでしょうか?

 

では、内臓脂肪を減らす漢方にはどんな特徴があるのかを
紹介していくので、漢方に興味がある方はぜひ参考に
してみてください。

 

 

そもそもどんなものなの?

内臓脂肪 減らす 漢方 画像

 

内臓脂肪を減らす漢方には肥満症、便秘の解消効果があります。
おなか周りの皮下脂肪を減らす、高血圧、動悸、むくみ、肩こり、
尿量減少などの症状改善にも効果的です。

 

便秘、肥満の改善に効果的なら飲み始めてみよう!
と、軽く考えがちですが、ただ飲めばいいというものでもありません。

 

漢方は体の代謝を促して老廃物や余分な脂肪を流す効果を発揮
するものなので、基本的な食事の見直しや適度な運動も一緒に
行うことでより高い効果を得られるようになります。

 

肥満、便秘の改善に効果的な生薬の天然由来の有効成分を18種類
配合し、強力にトラブル、悩みの改善に働きかけるでしょう。

 

配合している18種類の生薬

ケイガイ、ボウフウ、オウゴン、マオウ、ボウショウ、セッコウ
レンギョウ、ダイオウ、トウキ、カッセキ、ビャクジュツ、サンシシ
ハッカ、ショウキュウ、ショウキョウ、センキュウ、キキョウ

 

 

どんな人におすすめ?

 

東洋医学でいう「実証」タイプの方に特におすすめでしょう。

 

実証タイプとは、体力が十分にあり壮健な方のことを指します。
呼吸が荒く、便秘気味、水分を体に溜めやすい、肌色は血色の良い
赤みのある感じ、皮下脂肪が多い。

 

精神面では積極的で活発な方が実証タイプと言われています。

 

また、反対に体力が少なく下痢をしやすい方、青白い肌の方は
虚弱タイプといい、実証タイプの漢方との相性はあまり良くありません。

 

 

効果的に飲むためには?

内臓脂肪 減らす 漢方 画像

 

漢方は医薬品のように食後に飲むよりも、食前の空腹時に飲むほうが
高い効果を期待することができます。

 

ただ、胃に刺激となるものが配合されていたり、胃腸が弱い方は
食後の服用でも構いません。
自分のおなかと相談して飲むようにしましょう。

 

ただ、内臓脂肪を減らす漢方は食前、食間に飲むのが効果的です。
1日の服用回数は2回〜3回。

 

漢方薬は専門の薬局で処方してもらうとエキスを出されることも
多いですが、市販の漢方はほとんどが錠剤や粉末になっているので、
水や白湯と一緒に飲んでください。

 

便秘解消効果を目的にする場合1週間、その他の効果を得る場合は
1か月程の期間を要するでしょう。
すでに効果が出ているのにも関わらず漢方を飲み続けると、
下痢を引き起こす可能性があるため、注意してください。

 

自然な成分を含む漢方は体に優しいものですが、一般的な医薬品の
ように量や飲む期間はしっかり守り、副作用を起こさないように
気を付けて飲むようにしましょう。

 

正しく飲むことがより効果的に改善させるための秘訣でもあるので
飲み方については薬剤師や商品の説明をよく読んでくださいね。