内臓脂肪の原因は?どの様なメカニズムで増えるのか?

内臓脂肪の原因について

 

内臓脂肪はなぜ増えるのでしょうか?

 

その原因とメカニズムは、一番に日頃の食生活などの
生活習慣が大きく影響してきます。

 

何気なく過ごしている毎日の中で、これは
内臓脂肪が増えるだろうなぁと自覚している事もあれば、
無意識に内臓脂肪の原因を作っていることもあるのです。

 

内臓脂肪の原因とメカニズム

 

内臓脂肪の原因について

 

内臓脂肪が多いと、大きな病気に進行する恐れがあると
言われています。

 

内臓脂肪ができるメカニズムを知っておけば、予防と
対策に役立つので、ここでは、原因とメカニズムに
ついてまとめています。

 

 

 

脂肪と糖質
脂肪と糖質を食事などから摂取すると、エネルギー源

となりますが、エネルギー消費が少ない場合は、
余って体内に中性脂肪として蓄積
されるます。

 

それが内臓脂肪の原因になるのです。

 

 

 

体質的なもの
ほとんどの病気は、生まれた後の生活習慣が原因となって

発症する後天性の病気と、生まれつきの先天的な病気とに
分かれます。

 

内臓脂肪に関しては、同じもの・量を食べても太る人と
太らない人がいますよね。食事制限しても太りやすいという
人もいるんです。

 

なので、自分の体質を知ることが大切です。

 

日常生活の中で、自分が太る原因とメカニズムを把握する
ことが大切ですし、食べたら、その分、運動などをして
エネルギーを消費することが重要です。

 

 

 

自律神経の乱れ
内臓脂肪は、食べ過ぎだけが原因ではないようです。

 

食欲をコントロールする自律神経も、内臓脂肪が増える
メカニズムと関係している事が明らかに
なっています。

 

交感神経のレプチンは、食欲を抑制すると同時に、
脂肪燃焼を促進する働きを持ちますが、自律神経の機能が
低下していると、内臓脂肪の原因になるのです。

 

 

 

食生活などの生活習慣
一番は、日常生活の中で、適度な運動をすることです。

 

食べ過ぎたとしても、その分、体に蓄積されない様に、
適度に運動するように意識していれば、内臓脂肪の原因が
作られません。

 

食べた分をエネルギーとして消費する、体を動かせば、
内臓脂肪の悩みとは無縁になるはずです。

 

それでも、ついつい食べ過ぎて運動をほとんどしなければ、
自然と体内に蓄積されるというメカニズムになっています。

 

現代人は多忙な方が多いので、なかなか難しいかと思いますが、
日々自分の体調をしっかり管理することが大切です。

 

また、食生活の面では、体を動かすことが少ないと内臓脂肪が
溜まっていくことを意識していれば、自然と低カロリーの
食事を心がけられるかと思います。

 

できるだけ、カロリーの高い外食や、間食、消費されずに
溜まってしまう夜食を控え、健康的な食生活を意識すること、
健康的に食べて、できるだけ消費できるように心がければ、
内臓脂肪とは無縁の快適な生活を送れることでしょう。