内臓脂肪に効くお勧めの飲み物について

内臓脂肪の原因について

 

内臓脂肪に効く食事や食品、レシピ、色々な情報が
発信されていますが、内臓脂肪に効く飲み物
ありますよ。

 

お茶やお酢は、内臓脂肪に効く飲み物として
とても有名で、栄養機能表示食品となっている商品
もありますよね。

 

内臓脂肪に効く飲み物は?

 

内臓脂肪の原因について

 

内臓脂肪に効く飲み物として、代表的なものは、お茶や
お酢です。

 

食べ過ぎたなぁと思った時など、実際飲まれている方も
多いことでしょう。

 

お茶にも色んな種類があるんですが、どんなお茶やお酢、
飲み物が内臓脂肪に効くのでしょうか?

 

杜仲茶

 

内臓脂肪の原因について

 

ゲニポシド酸が含まれていて、コレステロールの吸収を
抑制したり、脂肪分解作用があるため、内臓脂肪に効く

言われています。

 

食事のおともに杜仲茶を飲めば、食事で摂った脂肪分などが
内臓脂肪として蓄積されにくくなります。

 

お茶の中でも、特に効果が高く、非常に飲みやすくもあるので、
毎日のお茶を杜仲茶に代えるのは非常にお勧めですよ。

 

緑茶

 

内臓脂肪の原因について

 

カテキンが含まれますが、脂肪分解をサポートしてくれる
働きがあるため、内臓脂肪に効く飲み物となっています。

 

家での飲み物を緑茶にするだけで、効果を期待できるなら
嬉しいですよね。

 

お酢

 

内臓脂肪の原因について

 

毎日、大さじ一杯くらいの食酢を摂取すると、
内臓脂肪に効く
とされています。

 

内臓脂肪に効くお酢の摂取法としては、食前に飲むと
食欲を刺激する恐れがあるので、タイミングを見計らって
摂取するようにしましょう。

 

きび酢

 

内臓脂肪の原因について

 

オクタコサノールというアルコールの一種を含む、
サトウキビのみからできたお酢のことです。

 

内臓脂肪を燃焼させたり、食事から摂った脂肪を
蓄積しにくくしてくれる働き
があります。

 

ポリフェノールやミネラルも多く含むので、食事で摂った
ものを効率よくエネルギーに変換して、血液をサラサラに
してくれ、代謝アップ効果まで期待できます。

 

きび酢は、サイダーなどで割って飲む方法もありますし、
料理に使うお酢をきび酢に変えるやり方もありますね。

 

コーヒー

 

内臓脂肪の原因について

 

カフェインとクロロゲン酸が含まれますが、これらの
成分には脂肪を分解して、燃焼させる働きがあります。

 

カフェインをとると血行が良くなり代謝を高める効果も
あるので、内臓脂肪に効く飲み物に入ります。

 

毎食後コーヒを飲むと、食事で摂った脂肪を溜めこみにくく
なりますし、運動前に飲むと、内臓脂肪が落ちやすくなる
と言われています。

 

但し、飲み過ぎは体に悪影響を及ぼす恐れがあるので、
一日に2〜3杯程度にとどめるようにしましょう。

 

お茶やお酢、コーヒーの他にも、内臓脂肪に効く飲み物は
ありますが、自分の生活の中で取り入れやすい飲み物を
選んで、続けることで効果を期待できることでしょう。