内臓脂肪の原因として多いのは脂質?

内臓脂肪の原因について

 

内臓脂肪の原因は、脂質や糖質の摂り過ぎだと言われており、
内臓脂肪を減らそうと思ったら、これらの栄養素を少し
控える必要があります。

 

内臓脂肪の原因としては、食事が主になりますが、
特に、お肉をよく食べる方は、注意が必要です。

 

内臓脂肪の原因は脂質

 

内臓脂肪の原因について

 

人の3大栄養素は、糖質、タンパク質、脂質になります。

 

全て、体内で代謝されて中性脂肪となるんですが、
タンパク質は脂肪になりにくいのです。

 

ですが、脂質は、中性脂肪になりやすい栄養素。

 

そして、糖質はエネルギーとして消費されますが、
余って消費されなかった分は、脂肪に変わります。

 

余ってしまった脂肪は、まず肝臓に、それから内臓脂肪に、
最後に皮下脂肪として蓄積されることになります。

 

必要以上に摂取した糖質や脂質が、内臓脂肪の原因と
なり、溜まってしまうのです。

 

脂質に関しては、食べる量を絶対に減らす必要があり、
特にお肉を食べる場合は、脂質を取り除いてから
食べるような工夫も必要です。

 

お肉の脂を取り除くには、焼いて食べるより、蒸す・茹でる
といった調理法の方がお勧めです。

 

焼いて食べるのが一番簡単ですし美味しいので、
焼いて食べる人が圧倒的に多いかと思いますが、
内臓脂肪が気になられる方は、蒸す・茹でる調理法
も取り入れてみましょう。

 

脂質や糖質を上手に取る

 

内臓脂肪の原因について

 

糖質や脂質は、摂り過ぎると内臓脂肪の原因となるのですが、
上手く摂取することが大切です。

 

糖質や脂質を、必要以上に摂取しない様に心がけることで、
健康維持にも繋がります。

 

食事の時、できるだけ脂質を摂らない様にするには、
お肉の時は脂質を控える様にして、脂身の少ないヒレ肉
食べるようにすると良いですね。

 

魚の時には、煮汁まで全部飲まない様にしたり、焼き魚は
グリル・網で焼くことで脂を下に落とす
ことができます。

 

また、糖質の摂り過ぎも良くありませんから、
お米やパン、麺類などの炭水化物の食べ過ぎに注意したり、
甘いものなどの間食を控える努力が必要です。

 

内臓脂肪の原因となる糖質と脂質なのですが、
体にとって必要な栄養素なので、適度に摂取しなければ
なりません。

 

普段の食事で、脂を取り除くなどちょっと気を付ける
だけでも、内臓脂肪の原因を取り除き、健康体を目指す
ことができるんです。

 

内臓脂肪の原因を作らない食事を意識しながら生活する
だけでも、全然違ってくると思います。

 

野菜中心の栄養バランスのとれた食事を基本にして、
脂質や糖質の摂り過ぎに注意するのが一番良さそうですね。