東亜

東亜の詳細と通販情報

東亜 画像

 

 

食べ過ぎ、運動不足による肥満症や気になるお腹周りの脂肪の燃焼を
促す効果に期待できる漢方薬、「東亜」には生薬が18種類
配合され、互いに働き合うことで利尿作用、発汗、便通を促進し
老廃物の排出を助けます。

 

1日分あたり内臓脂肪を減らす効果のある成分は3000mg配合。

 

メーカーの北日本製薬株式会社は現代のライフスタイルに合う
品質の高い漢方医薬品を作り出しています。

 

 

東亜の有効成分と効果について

 

生薬のこだわりの生産地

 

内臓脂肪を減らす効果のある漢方薬には、トウキ、ダイオウ、サンシシ
シャクヤク、マオウ、ハッカなどを含む18種類の生薬が配合
されていますが、北日本製薬株式会社では原料である生薬の品質にも
徹底したこだわりがあります。

 

中国全土のGAP認証取得済みの生薬基地を数十か所確保し、
32種類の生薬を栽培し、使用しているのです。

 

 

内臓脂肪を減らす効果

効果 画像

 

東亜に配合されている生薬には古くから肥満症、お腹周りの脂肪、
むくみ、のぼせなどに効果があるとされています。

 

生薬から抽出されたエキスを乾燥させ、内臓脂肪を減らす成分を
3000mg配合しました。
1日3回服用すれば気になるお腹の脂肪の燃焼を助けられるでしょう。

 

 

東亜はこんな人におすすめ

 

  • 固太りタイプだと思う
  • むくみ、便秘が悩み
  • 慢性的な便秘症
  • 肥満による高血圧、動悸、息切れの症状がある
  • 高血圧による肩こり、のぼせ
  • お腹周りの脂肪が気になる

 

 

東亜の飲み方と副作用について

 

東亜の飲み方

飲み方 画像

 

1回4錠を1日3回、食前か食間に白湯や水と一緒に飲んでください。
服用できるのは15歳以上の成人、それ未満のお子様は服用できません。

 

食間は食事と食事の間の時間の事。
前回の食事から2時間〜3時間後です。

 

 

東亜の副作用の可能性について

 

・授乳中は母乳に成分が移行するため、乳児が下痢を起こす可能性があります。
授乳中の方は服用を避けてください。

 

・東亜を服用中に、他の医薬品を併用することで激しい下痢を
起こす可能性があるため医薬品を併用する場合は医師や薬剤師に
相談をするようにしてください。

 

・現在医療機関で治療を受けている方、虚弱タイプ、胃腸が弱い、
下痢をしやすい、妊娠中、授乳中、高齢者、発汗傾向、
排尿困難、高血圧、医薬品を使用し副作用を起こした事がある方は
医師に相談してから服用してください。

 

・東亜を服用したあとに皮膚に違和感、異常、食欲不振、胃部不快感、
吐き気、めまい、むくみ、頭痛などの副作用があった場合は
服用を中止してください。

 

・服用後にまれに肝機能障害、間質性肺炎、偽アルドステロン症ミオパチー
などの重篤な症状が現れることがまれにあります。
疑わしい症状がある場合は、医師の診察をすぐに受けてください。

 

 

東亜の通販情報はこちら

東亜 価格 画像

 

通常の税込み価格

4,298円

内容量

約32日分384粒入り(1日12粒目安)

 

 

東亜

 

 

東亜 口コミ  防風通聖散 ランキング